忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/18 04:01 】 |
台湾(中華民国)の兵役制度
前回まで韓国の兵役制度に関して記事を書いてきましたが、ここで少し別の国について書いてみようと思います。今回は、台湾(中華民国)の兵役制度に関してです。

2012年2月の時点で、台湾(正式名称:中華民国)は徴兵制を存続させています。ただし、良心的兵役拒否は合法化されており、「代替役」として消防や介護、教育、環境、警察など様々な非軍事的役務が選択可能になっています。兵役期間は1年間となっています。なお、2013年に4ヶ月になる予定で、更に、2018年には完全に志願制に移行する予定だと報道されています。

台湾は韓国と比較して、徴兵検査で不合格となる割合が高いです。更に、良心的兵役拒否も合法化されていますので、本当に兵役が嫌な人は逃れることも可能となっています。韓国の場合、芸能人なんかでも容赦なく徴兵されたというニュースが報じられますが、台湾は徴兵を逃れる芸能人が韓国と比較すると多いです。

良心的兵役拒否は陳総統の民進党政権時代に導入され、その後、馬総統の国民党が政権を握った後も継続され、更に志願制への移行が決定されることになりました。強大な中華人民共和国と対峙しつつも良心的兵役拒否を認め、更に志願制への移行を決定した民度の高さは尊敬に値します。
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

拍手[1回]

PR
【2012/02/07 19:18 】 | 徴兵制度 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<中国(中華人民共和国)の兵役制度 | ホーム | 韓国の兵役制度(3)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>